CHISOU

VOICES

ジャンプ/リアル

Writer: 鈴木結加里

会田大也|ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

ジャンプ

時間軸(現在・過去・未来)、空間軸、⾃⼰軸・他者軸といった境界を⼀気に⾶び越えていけるきっかけを与えてくれるのは、「アート」であり、「アーティスト」の存在であることを改めて気づかされました。きっかけがあることで、どのように⾶躍するのか、どのような広がりがあるのか、もっと知りたいと思う⼀⽅で、これらをメンバーとシェアできることに興味と⾯⽩さを感じています。ジャンプするには、⼦どものもつ「素直さ」「率直さ」が⼤切な要素かと…メンバーと素直に、率直に対話できることを⼼がけたいと思います。

※2020年9月5日レポート

リアル

なんとなくではなく、「リアル」に想像すること。リアルに想像するには、時間・空間の流れに⾝を置いて、じっくりと向き合い、「味わう」こと。⽇常において、時間と空間の流れの渦に巻き込まれて、五感を開放して「味わう」楽しさを置いてきてしまっていることに気づきました。なんとなく好き・なんとなく気になることを⼀つひとつ拾い上げて、リアルに好きや気になるポイントに向き合うことで、リアルと出会い、リアルを超えたところに「旅にでる」ことができるような感覚が残っています。

※2020年9月6日レポート

  • Update: 2020.09.15 Tue.

PROFILE

鈴木結加里

空間設計・インテリアデザインを手掛けています。2016年に国内外のアーティスト作品を企画展示する「Lights Gallery」を名古屋市円頓寺にオープン。展示空間の領域を室内から街や地域へ広げる中で、アートプロジェクトにおけるマネージメントを学びたいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

会田大也

ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

2020年9月5日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

  • ラボメンバーコース

2020年9月6日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

近年アートプロジェクトや芸術祭の中でも鑑賞者を主軸にしたラーニングや教育プログラムが注目されるようになりました。長年、鑑賞者の主体性を引き出すプログラムやワークショップを実施してきた会田大也さんをお招きし、アートを通じた豊かな学びの方法について考えます。

会田大也
ミュージアムエデュケーター/山口情報芸術センター[YCAM]学芸普及課長

1976年東京都生まれ、山口県在住。YCAM開館より11年間、教育普及担当としてメディアリテラシー教育や美術教育、地域プロジェクトのワークショップやプログラムを開発実施。近年はアート分野だけでなくビジネスやまちづくりの分野でも研修などの開発に携わっている。