CHISOU

VOICES

他者との対話

Writer: 石川理香子

会田大也|ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

今回の授業で最も印象に残ったことは、アート作品を見る際には他人と会話しながら見ることで、自分一人では考えつかなかったような新たな発見をすることができるということだ。私は今まで美術作品を見る際に作者の意図を読み取ったり、時代背景を理解したりすることに重点を置いていた。しかし、今回の話を聞き、他者とともに作品を鑑賞し、専門的なものではない自分目線の意見を言い合うことで、作品の印象が大きくなったり、作品中に新たな発見をしたりすることができることを知った。

  • Update: 2020.09.15 Tue.

PROFILE

石川理香子

昨年「船/橋わたす」を鑑賞し、また運営に携わった友人の話を聞いて私も参加したいと思い、応募しました。この活動を通して芸術と地域について多くの専門家から学び、仲間と議論し合い、どうしたらより自分の住む地域に愛着をもってもらえるのか、どのようにして芸術で地域を盛り上げるのかについて考えていきたいです。そして、将来的に私が教員になった際に授業を組み立てたり地域コミュニティの活動を運営していく際に役立てたいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

会田大也

ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

2020年9月5日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

  • ラボメンバーコース

2020年9月6日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

近年アートプロジェクトや芸術祭の中でも鑑賞者を主軸にしたラーニングや教育プログラムが注目されるようになりました。長年、鑑賞者の主体性を引き出すプログラムやワークショップを実施してきた会田大也さんをお招きし、アートを通じた豊かな学びの方法について考えます。

会田大也
ミュージアムエデュケーター/山口情報芸術センター[YCAM]学芸普及課長

1976年東京都生まれ、山口県在住。YCAM開館より11年間、教育普及担当としてメディアリテラシー教育や美術教育、地域プロジェクトのワークショップやプログラムを開発実施。近年はアート分野だけでなくビジネスやまちづくりの分野でも研修などの開発に携わっている。