CHISOU

VOICES

地域の多層性を読み解くための地図/マップという考え方

Writer: 古江晃也

松岡慧祐|地図/マップは地域の多層性を表現しているか

松岡さんの冒頭の「地図は恣意的な表現である」という印象的な言葉から始まり、これまでなんとなく利用していた地図が、地理情報を1つの視点から見ものでしかないということに気づかされました。
同時に、複数の視点があってこそ見つけられるもの、その地域の多層性を読み解くことにつながると感じ、今まで関わりのあった地域を別の視点で見た時にどのような姿が見えるのか興味がわきました。
また、技術の進歩によって断片化していくというお話もありましたが、VRやARなどの技術が普及した際に地図の姿はどうなるのかということも感じました。


ワーク①「自分自身にとって地図の面白さとは?」
>既存の観光マップにあるもの/ないもの
ーあるもの
・優先順位
・目的別の視点

ーないもの
・公平性
・正確性

>〈地図〉的なもの/〈マップ〉的なもの
・地図の面白い要素
ある程度正確な地理情報を見ることができるので、行ったことがない場所であればどのような風景でどんなお店があるのかを想像しながら見るのが面白い。

・マップの面白い要素
自分では気づかなかった情報が、違う視点で編集されたものによって知ることができる点。

ワーク②「自分でマップをデザイナーに発注できるとしたら、どんなマップを作るか?」
歴史・文化的建造物が残っているまちを歩くことが好きなので、昔のまちのようすがわかる地図がほしい。
当時の人たちが買い物をしていた場所であったり、今も残っている建物は当時の人たちからどんな印象、存在だったのかがイラストで描いてあるようなものがあるといい。

  • Update: 2020.10.15 Thu.

PROFILE

古江晃也

関西圏の中小企業と若者のコミュニティ運営、環境イベントの企画・運営、大学生を対象にした中小企業でのインターンシップコーディネートなどを経験してきました。地域の人材、資源を活かすことを通して地域の活性化、社会課題を解決するための方法、考え方を学びたいと思っています。対象地域の歴史や、そこに暮らす人々の生活、環境などさまざまな要素を理解し、必要な形に編んでいけるように、今回のCHISOUでの学びを活かしたいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース

松岡慧祐

地図/マップは地域の多層性を表現しているか

2020年10月4日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

身近な存在から社会を読む学問「社会学」の研究者である松岡慧祐さんをお迎えし、世界や社会を描き出すメディアとしての地図/マップをとりあげ、「グルメマップ」や「観光マップ」、「グーグルマップ」など生活の中で手にする地図に注目し、地域の多層性を読み解きます。

松岡慧祐
社会学/奈良県立大学准教授

1982年岡山県生まれ、大阪府在住。現代の都市や地域社会を表象するメディアとしての地図のあり方について社会学的な見地から調査・研究している。主著に『グーグルマップの社会学──ググられる地図の正体』(光文社)などがある。