CHISOU

VOICES

地図とマップ

Writer: 石川理香子

松岡慧祐|地図/マップは地域の多層性を表現しているか

今回のレクチャーでは地図とマップについて考えた。地図とは地理院地図やGoogleマップなど縮尺や記号が正確なマップのことである。一方でマップとは旅行ガイドブックのような地図が簡潔に描かれている、目的のものにしぼって(観光名所やカフェなど)描かれたマップのことである。地図は目的地までのルートが分かりやすいが、読んでいて面白さに欠ける。マップは写真やイラスト、説明文などが載っており読んでいて面白いが目的地までのルートが分かりにくい、目的地以外のスポットが載っていないなどデメリットもある。マップを作成する面白さは、ルートが分かりやすい地図にするのか・何をテーマにするのか(カフェ・土産屋など)・どんなイラストや説明文を載せるのか自分で色々アレンジできるところにある。

[自分で地図を発注できたら]
・写真と説明文(その場所ができた背景)がたくさん載ったマップを作りたい。
・イラストがかわいい、ほんわかとしたマップが作りたい。

  • Update: 2020.10.15 Thu.

PROFILE

石川理香子

昨年「船/橋わたす」を鑑賞し、また運営に携わった友人の話を聞いて私も参加したいと思い、応募しました。この活動を通して芸術と地域について多くの専門家から学び、仲間と議論し合い、どうしたらより自分の住む地域に愛着をもってもらえるのか、どのようにして芸術で地域を盛り上げるのかについて考えていきたいです。そして、将来的に私が教員になった際に授業を組み立てたり地域コミュニティの活動を運営していく際に役立てたいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース

松岡慧祐

地図/マップは地域の多層性を表現しているか

2020年10月4日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

身近な存在から社会を読む学問「社会学」の研究者である松岡慧祐さんをお迎えし、世界や社会を描き出すメディアとしての地図/マップをとりあげ、「グルメマップ」や「観光マップ」、「グーグルマップ」など生活の中で手にする地図に注目し、地域の多層性を読み解きます。

松岡慧祐
社会学/奈良県立大学准教授

1982年岡山県生まれ、大阪府在住。現代の都市や地域社会を表象するメディアとしての地図のあり方について社会学的な見地から調査・研究している。主著に『グーグルマップの社会学──ググられる地図の正体』(光文社)などがある。