CHISOU

VOICES

多層性

Writer: 山本篤子

松岡慧祐|地図/マップは地域の多層性を表現しているか

グループワークでマップは作り手の見せたい世界に引っ張られて嫌だという意見があった。とらえ方は人の数だけあり、多様である。そう考えた時、多層性を表現するにはシンプルが一番ではと感じた。なぜならマップを見て、不要な情報だと感じたり、楽しいと感じたりするのは個々人の感覚だから。スマホに頼らず個人で書き込む地図、個人にゆだねる地図があったら面白い。

①「自分自身にとって地図の面白さとは?」
デザイン性の高いマップは頭の中で一度遊べるので、行きたい場所へ行く以外の楽しみ方ができて楽しい。しかし実際にその場所へ行くには方向音痴の私にとって地理的にデフォルメされたマップは頼りにならないので、より偏りの少ない地図を選んで使っている。感覚的に自然と使い分けしているのは面白い。

②「自分でマップをデザイナーに発注できるとしたら、どんなマップを作るか?」
平城京城下町の古い地図を見たことがある。その地図の使用者がよく使う門に朱色で印をしていた。そこからの発想で、真っ白で色書き込み自由自在なシンプルな地図があっても面白いのでは。

  • Update: 2020.10.15 Thu.

PROFILE

山本篤子

小学校で.不登校児・家庭への支援や、教室内での発達障害児の支援に関わってきました。地域活動として、現在、大阪府の放課後子ども教室事業コーディネーターとして、小学生の居場所作りを企画運営しています。小学生向けのイベントを企画する時にイメージしていることで、準備しすぎて子どもをお客さんにしないということ。携わって頂く大学生や地域の人も主役になれるような場を作りたいということ。CHISOUでは自分にはない新しい発想を取り込みたい。またそこから新たなイメージがわいてくることに期待しています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース

松岡慧祐

地図/マップは地域の多層性を表現しているか

2020年10月4日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

身近な存在から社会を読む学問「社会学」の研究者である松岡慧祐さんをお迎えし、世界や社会を描き出すメディアとしての地図/マップをとりあげ、「グルメマップ」や「観光マップ」、「グーグルマップ」など生活の中で手にする地図に注目し、地域の多層性を読み解きます。

松岡慧祐
社会学/奈良県立大学准教授

1982年岡山県生まれ、大阪府在住。現代の都市や地域社会を表象するメディアとしての地図のあり方について社会学的な見地から調査・研究している。主著に『グーグルマップの社会学──ググられる地図の正体』(光文社)などがある。