CHISOU

VOICES

ボンド

Writer: 米田陣

岡井崇之|地域のイメージは誰のものか

ボンドをキーワードとした理由は、地域のアーカイブやメディアによる情報発信により⼈々がその地域に抱くイメージを固定し、地域の偏ったイメージが共有される可能性があると考えたためである。メディアなどによる地域の情報と実際の地域が持つ情報やイメージとのズレを⾒極める必要があると学んだが、同時に地域の情報を発信する場合の難しさを強く感じた。

  • Update: 2020.11.05 Thu.

PROFILE

米田陣

はじめまして関西学院大学4年の米田陣と申します。途上国支援を学ぶ目的で大学に入学後、フィリピンの孤児院で暮らす子供たちの踊る姿からアートと社会課題を結びつけて考えるようになりました。その後フランスでのフィールドワークや国内でのアートプロジェクトの経験から、文化芸術による社会課題の解決をテーマに研究しています。将来人間の安全保障の分野においてアートを取り入れたいと考えているため、このプログラムを通してアートマネジメントの手法や視点、アーティストと社会を結ぶための必要な能力を学び習得したいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース

岡井崇之

地域のイメージは誰のものか

2020年10月25日(日) 14:00–16:00

奈良県立大学 コモンズ棟2F オープンスペース

メディア研究という切り口から社会の仕組みや問題を考察する岡井崇之さんをお招きし、観光政策地方創生のもとでつくられる地域イメージを解き明かすことで、地域で企画を実施する際に必要な批評的視点を学びます。

岡井崇之
メディア論/奈良県立大学教授

1974年京都府生まれ、大阪府在住。メディア研究をもとにメディア言説と社会変容/身体に関する諸問題の社会学的研究を行う。近著に『基礎ゼミ メディアスタディーズ』(共編著、世界思想社)『アーバンカルチャーズ──誘惑する都市文化、記憶する都市文化』(編著、晃洋書房)など