CHISOU

VOICES

投影されるメディア

Writer: 櫻井莉菜

岡井崇之|地域のイメージは誰のものか

個人個人が地域のメディアであるということを感じました。特定の地域で行う展覧会やアートプロジェクトにおけるアーカイブをメディアだと捉えた際に、その地域をアーティストなど展覧会に関わる各々が翻訳し伝える役割があると考えました。CHISOUの読解編、共有編に参加する中で今まで自分の知らなかった奈良の一面に出会うたびに奈良のイメージがどんどん多彩なグラデーションに変化しています。ラボメンバー同士で話し合う時、同じ話を聞いたり、同じ場所を見つめていても個人個人によって見えているものや考えていることは違い、そのことからも多くを学んでいます。メディアとはそこの場所に生きている個人個人が投影されるものなのだと思いました。

  • Update: 2020.11.05 Thu.

PROFILE

櫻井莉菜

奈良県立大学西尾研究室の4年生です。ゼミで現代アート展の企画・運営やワークショップの企画を行いました。アートマネージメントや現代アートについて日々勉強中です。現在は、“対話”を主軸としたアートマネージメントについて考えています。CHISOUでは、年代の異なる参加者の方々との交流を通して、多様な価値観に触れ、今この時代にアートマネージメントを学ぶことの意味を考えていきたいと思っています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース

岡井崇之

地域のイメージは誰のものか

2020年10月25日(日) 14:00–16:00

奈良県立大学 コモンズ棟2F オープンスペース

メディア研究という切り口から社会の仕組みや問題を考察する岡井崇之さんをお招きし、観光政策地方創生のもとでつくられる地域イメージを解き明かすことで、地域で企画を実施する際に必要な批評的視点を学びます。

岡井崇之
メディア論/奈良県立大学教授

1974年京都府生まれ、大阪府在住。メディア研究をもとにメディア言説と社会変容/身体に関する諸問題の社会学的研究を行う。近著に『基礎ゼミ メディアスタディーズ』(共編著、世界思想社)『アーバンカルチャーズ──誘惑する都市文化、記憶する都市文化』(編著、晃洋書房)など