CHISOU

VOICES

カスタマージャーニーマップ

Writer: 奥山祐

会田大也|ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

愛されるアートプロジェクトを作るには、客が足を運ぶ前から運んだ後までの一連の行動を考える必要がある、というのは、今までぼんやりしていた点だったのでレクチャーを通しはっきりさせられたた。作り手側のぼんやりしたイメージと自己満足で作ったようなプロジェクトを時折見かけもったいないと感じることがあったが、今なら何が足りていないか少しわかるような気がするので良かった。

  • Update: 2020.10.02 Fri.

PROFILE

奥山祐

高校まで普通に地元の学校に通っていた。奈良の大学に受かり通うようになったことで、奈良と地元の違いに気付き地域文化などに興味を持った。現在、大学では奈良をフィールドに社会学などを勉強している。将来は香川県で自分が考えたアートプロジェクトを実践したいので、CHISOUを通じて学ぶことがあると思った。なかなか身をもって学べる経験は無いので貴重な機会を大事にしたい。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

会田大也

ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

2020年9月5日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

  • ラボメンバーコース

2020年9月6日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

近年アートプロジェクトや芸術祭の中でも鑑賞者を主軸にしたラーニングや教育プログラムが注目されるようになりました。長年、鑑賞者の主体性を引き出すプログラムやワークショップを実施してきた会田大也さんをお招きし、アートを通じた豊かな学びの方法について考えます。

会田大也
ミュージアムエデュケーター/山口情報芸術センター[YCAM]学芸普及課長

1976年東京都生まれ、山口県在住。YCAM開館より11年間、教育普及担当としてメディアリテラシー教育や美術教育、地域プロジェクトのワークショップやプログラムを開発実施。近年はアート分野だけでなくビジネスやまちづくりの分野でも研修などの開発に携わっている。