CHISOU

VOICES

個人の行動から多様な対応を検討する

会田大也|ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

講座を受ける前はアートプロジェクトに大切なことはプロジェクトのテーマをどのように考えられる対象者に伝えていくかだと思っていました。展覧会に行く前から帰るまでの「カスタマージャニーマップ」を行ってみて展覧会そのものを楽しむのは勿論、行くと決めた時から、見学して帰ってその後日の過ごし方の細やかな変化等、今まで当たり前に感じていたこともアートプロジェクトを企画・運営していく中で重要な項目だと改めて気付きました。また、アートプロジェクトを行った後にプロジェクトそのものと付随するワークイベント等も分かりやすく世の中に公にしていく重要性も実感しました。今回の講座で学んだ事を今後のプログラムに活かしたいです。

  • Update: 2020.10.02 Fri.

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

会田大也

ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

2020年9月5日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

  • ラボメンバーコース

2020年9月6日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

近年アートプロジェクトや芸術祭の中でも鑑賞者を主軸にしたラーニングや教育プログラムが注目されるようになりました。長年、鑑賞者の主体性を引き出すプログラムやワークショップを実施してきた会田大也さんをお招きし、アートを通じた豊かな学びの方法について考えます。

会田大也
ミュージアムエデュケーター/山口情報芸術センター[YCAM]学芸普及課長

1976年東京都生まれ、山口県在住。YCAM開館より11年間、教育普及担当としてメディアリテラシー教育や美術教育、地域プロジェクトのワークショップやプログラムを開発実施。近年はアート分野だけでなくビジネスやまちづくりの分野でも研修などの開発に携わっている。