CHISOU

VOICES

小さな力でたくさん

Writer: 小林裕香

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

大仏殿の創建、再建は歴史を超えて「小さな力でたくさん」という意思のもとで作られていました。これは大仏や大仏殿が当時の人々の広い信仰を集めた要因だと感じられました。もし現在大仏殿に何か起こり、再建するとなれば国家の力で知らないうちに再建されてしまうということが予想されますが、このような方法ではこれまでの意思の伝承は途切れてしまうと考えます。最後の質問にもあった、現代では当時のような祈りや願いのこもった工芸品ができないということも上記につながるように感じ、現代の工芸品も当時の要素を持ち合わせることができればよいと思いました。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

PROFILE

小林裕香

現在まで私は学生として部活動や学内活動を経験してきました。CHISOUを通して、私は土地の活性化の方法や、土地の強みを見つける方法を学びたいです。私の地元の土地はあまり特徴というものがなく、ほかの地域に比べて田舎と呼ばれることが多いです。しかし、田んぼや畑ばかりであるような昔ながらを感じれるようなものでもないので観光客が来るような土地ではありません。そのためCHISOUの活動を通して地元の特色を見出し、活性化できるようになりたいです。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。