CHISOU

VOICES

先人に学ぶ

Writer: 鈴木直子

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

歴史はすべて現代史である、というテーマの講義で非常に興味深かった。最後のまとめを聴くことができなかったため、西山先生がどう結論付けられたのかが非常に気になる。私としては、今回のテーマになぞらえると、古代であろうが人の感情や対応に大きな変化はなく、現代と同じように悩み苦しみ、それでも前をみて難局を乗り切ってきた先人たちに学ぶことが大いにあるという認識でもって歴史を捉えるべきなのではないかということが理解できたのは非常に意義深い。

『元気いっぱい、幸せいっぱいの人が仏像を作ったりはしない』という先生の話が非常に興味深かった。今後、そのような観点で奈良の仏像を見学してみたいと思った。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

PROFILE

鈴木直子

事業会社で役員をしております。人事が専門でどちらかといえば、Artには全く縁のない世界で仕事をしてきております。ホテル事業を現職では行っており、ホテルは地域の拠点になりうる場だと認識しています。この場づくりや今後の企業経営において地域とどうつながるか、またホテルはArtを発信することができる可能性を秘めていると思っており、ヒントを頂ければと思い受講しました。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。