CHISOU

VOICES

歴史には物語がある

Writer: 石川理香子

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

私が今回の講義で最も印象に残ったことは興福寺西金堂の八部衆がどれも青年のような顔立ちをしていたことだ。光明皇后が亡き子を想って八部衆を作らせたことを知り、今も昔も家族を想う人々の考えは変わっていないことを知り、胸がじんとした。それと同時に、盧遮那仏でも、他の仏像でも人々の想いや願いが込められていると考えるようになり、ただ美術品として仏像を見るのではなく、どんな想いや願いで作られたのか時代的な背景をもっと知りたいと思うようになった。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

PROFILE

石川理香子

昨年「船/橋わたす」を鑑賞し、また運営に携わった友人の話を聞いて私も参加したいと思い、応募しました。この活動を通して芸術と地域について多くの専門家から学び、仲間と議論し合い、どうしたらより自分の住む地域に愛着をもってもらえるのか、どのようにして芸術で地域を盛り上げるのかについて考えていきたいです。そして、将来的に私が教員になった際に授業を組み立てたり地域コミュニティの活動を運営していく際に役立てたいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。