CHISOU

VOICES

想いの積み重なりが歴史を創る

Writer: noripu

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

西山先生のお話を聞いて、一冊の本を読んでいるような感覚になりました。

まず、コロナウイルス感染症による影響が衰えを見せない中、過去に人類が何度も悲惨な疫病を乗り越えてきて今があるということがよく分かりました。不安がなくなるわけではありませんが、それでも大丈夫と思えるようなお話で、多くの人と共有したい内容でした。

始まりの地とも言える奈良で、東大寺の大仏がどのように造られ、再建されてきたかという物語を知り、「小さな力を沢山集める」という考えに感銘を受けました。その分、何を成し遂げていきたいのかを明確に、かつ情熱的に伝えていくことが前提として必要だと感じました。

歴史はそれが本当だったかどうかを確かめることは難しいものだと思いますが、学生時代に聞いた授業とは違い、歴史が人の想いの積み重ねであるということを実感しました。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

PROFILE

noripu

医療の分野でお子さんから高齢者のリハビリテーションに携わってきました。現在は福祉施設で主に発達障害のお子さんと関わる仕事をしています。障害を持つ方の表現活動に興味があり、事業所内でも粘土や絵の具など画材を用いたプログラムを実践しています。CHISOUでは地域の特色の活かし方や、アートプロジェクトの流れを学びたいです。プロジェクトによって障害を持つ人が地域との繋がりを持ち、アートが多くの人にとって親しいものになったらいいなと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。