CHISOU

VOICES

歴史と地続きの存在

Writer: 山本篤子

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

ファーストインプレッションは「華」である。華厳経の華厳とは「人の行い」「存在そのもの」のことを言い、誰かがどこかで良いことをして、この世界を美しく飾っていくということであるというお話がふわっと心に届いたからだ。
東大寺盧舎那仏や興福寺阿修羅像など、仏像が造られた背景に「死と鎮魂」があった。また何度も焼失した大仏や大仏殿を再び再建するために立ち上がったたくさんの人々の力の意味を考えた時、華厳の意味する「人の行い」「存在そのもの」以前に一人一人の心の集まりであることを理解した。はじまりの時は気合が入っているとの西山先生のお言葉があったが、信仰が生まれるその時の摩訶不思議なパワーは、何でもない一人一人の小さな心の集まりなのだ。
だとすると、盧舎那仏を前に手を合わせている私も、歴史と地続きの存在なのだと思えてきて、先人も今を生きる人々も、すべてが尊いという感覚が湧いてくる。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

PROFILE

山本篤子

小学校で.不登校児・家庭への支援や、教室内での発達障害児の支援に関わってきました。地域活動として、現在、大阪府の放課後子ども教室事業コーディネーターとして、小学生の居場所作りを企画運営しています。小学生向けのイベントを企画する時にイメージしていることで、準備しすぎて子どもをお客さんにしないということ。携わって頂く大学生や地域の人も主役になれるような場を作りたいということ。CHISOUでは自分にはない新しい発想を取り込みたい。またそこから新たなイメージがわいてくることに期待しています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。