CHISOU

VOICES

時代の中で移り行く“モノ”の価値

Editor: M.Y.

西山厚|〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

今回の西山さんのお話を伺って、人の歴史は様々なことが繰り返されているのだと考えました。しかしその中でモノに対する考え方は大きく変わっているようでした。西山さんの言われていたように「時が経つと価値の増すもの」というのは現代では減っており、「“今”美しいものが“美しい”」というように瞬間的な美しさの方が価値を見出されているように思いました。もちろんどちらが良い悪いといった話ではありませんが、長く大切にされたモノの美しさを改めて考える機会をもっと作りたいと考えました。

  • Update: 2020.09.16 Wed.

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

西山厚

〈奈良〉の信仰と美術──歴史はすべて現代史である

2020年8月30日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教美術史の第⼀⼈者で、奈良国⽴博物館名誉館員の⻄⼭厚さんをお迎えし、かつて⼤陸との間で⼈的・物的交流が頻繁に⾏われる中、疫病や天災、争乱など困難な出来事を経て育まれてきた奈良の⽂化芸術に焦点をあて、地域のコンテクストを現代史的視点から読み解く⽅法について学びます。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。