CHISOU

VOICES

わたしとあなた

Writer: 櫻井莉菜

会田大也|ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

他人の視点は、自分だけではたどり着けない地点へのジャンプとなるということが一番印象に残りました。自分の見ている作品を言語化して他者に伝えようとする行為は、他者とつながろうとする行為なのではないかと私は考えました。言語化することで、自分自身が見えてこなかった自分の内なる声に気付くこともあります。また、相手の言葉から気づきを得ることも。わたしの頭の中だけで完結するのではなく、隣にいるあなたの思考と混ざり合うこと、アートだからできる体験なのだと思います。アートを介してコミュニケーションをとることの楽しさや双方向の学びの可能性は、コロナ禍の状況においてもますます必要になる視点だなと思いました。会田さんの鑑賞者や参加者につねに寄り添い思考するアートマネジメントの技術を私自身も体得していきたいです!

  • Update: 2020.09.15 Tue.

PROFILE

櫻井莉菜

奈良県立大学西尾研究室の4年生です。ゼミで現代アート展の企画・運営やワークショップの企画を行いました。アートマネージメントや現代アートについて日々勉強中です。現在は、“対話”を主軸としたアートマネージメントについて考えています。CHISOUでは、年代の異なる参加者の方々との交流を通して、多様な価値観に触れ、今この時代にアートマネージメントを学ぶことの意味を考えていきたいと思っています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

会田大也

ミュージアムエデュケーション的体験のデザイン

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

2020年9月5日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

  • ラボメンバーコース

2020年9月6日(日) 10:00–12:00

CHISOU lab.

近年アートプロジェクトや芸術祭の中でも鑑賞者を主軸にしたラーニングや教育プログラムが注目されるようになりました。長年、鑑賞者の主体性を引き出すプログラムやワークショップを実施してきた会田大也さんをお招きし、アートを通じた豊かな学びの方法について考えます。

会田大也
ミュージアムエデュケーター/山口情報芸術センター[YCAM]学芸普及課長

1976年東京都生まれ、山口県在住。YCAM開館より11年間、教育普及担当としてメディアリテラシー教育や美術教育、地域プロジェクトのワークショップやプログラムを開発実施。近年はアート分野だけでなくビジネスやまちづくりの分野でも研修などの開発に携わっている。