CHISOU

VOICES

越境

Writer: まさきまゆこ

中村政人&西尾美也|ソーシャルダイブ/街を開拓する新しいアーツプロジェクト

型にはめることで

線を引くことで

その事象の位置

他との関係を示し

理解を促す

個々の受けとり方で変わる

曖昧で不確実なその基準を

アートはひょいっと超えて(壊して)

ただ感じる人と人として向き合わせてしまう

共有された実感は、基準を刷新して、

人生の中にいきつづける

そして、気づく

価値観が著しく変わる現代における

ゆるぎない実感の価値

どこか軽やかな周囲の切実

与えられた情報による自己の形成

概念と技術のバランス

心と体と魂に重なる

時と空間と人が織りなす記憶

行為と現象

それらすべてをひっくるめる

文化資本

批評は見る目

資本となる文化が跨る分野

その幅と深さから育まれる

CHISOUというプロジェクト

交わされる「おもい」「気づき」

育まれた「ひと」「ことば」

宿す「アートプロジェクト」

純粋を、真実を、追い求めた道が出会う

なんという幸運!

やさしさと文化知的よろこび(しげき)のたねを

つちにまき

みずをあげよう

  • Update: 2021.02.15 Mon.

PROFILE

まさきまゆこ

女子美術短期大学で情報デザインを学び、Disney WorldでHospitality研修を受け、タンタンの冒険などの版権を扱うMoulinsart日本支社で幅広いディレクション・デザイン業務を経験。Web編集やバイトも色々。高知県大月町に移住してデンマークのThe Animation Workshopと繋がり、小5総合学習の時間にアニメーションを制作、今は毎週土曜に創作の場を開いています。2016年から実施してきた演劇・絵画・アニメーション・建築の滞在制作プロジェクトのアーカイブ、拠点づくりの計画にいかしていきたいです。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

中村政人&西尾美也

ソーシャルダイブ/街を開拓する新しいアーツプロジェクト

2021年1月30日(土)14:00-16:00

CHISOU lab.

※中村政人さんはオンラインで参加いたします

中村政人
アーティスト/3331 Arts Chiyoda統括ディレクター/東京ビエンナーレ2020/2021総合ディレクター/東京藝術大学教授

1963年秋田県生まれ、東京都在住。国内外の展覧会や国際展で作品を発表するかたわら、地域コミュニティの新しい場をつくりだすアートプロジェクトを多数展開。近年は「アート×コミュニティ×産業」の新たなつながりを生みだすアートプロジェクトを進めている。

西尾美也
美術家/奈良県立大学准教授/CHISOUディレクター

1982年奈良県生まれ、同在住。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目したプロジェクトを国内外で発表。近年は公共空間へアプローチを行う大規模な作品に取り組む。奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良」ではプログラムディレクターを務めている。