CHISOU

VOICES

詳らかに

Writer: 米田陣

小林瑠音|アートプロジェクトとは何か──歴史・論点・アーカイブ

“詳らかに”をキーワードとした理由は、プロジェクトに関する全ての情報を記録・公開する必要があると考えたためである。アートプロジェクトの多くが⾃治体からの助成⾦で成り⽴っており、プロジェクトに関する記録は広く公開されるべきである。そして記録⽅法や公開⽅法は、特に今回の講義で取り上げられたイギリスで実施されているプロジェクトの記録や公開の⽅法を参考にする必要があると感じた。またプロジェクトを⽂章や写真、映像により記録するだけではなく、それらをいかに公開するか、アートプロジェクトの意義や地域における重要性を市⺠に伝え、将来のアートプロジェクトの研究に貢献する必要があると考えるに⾄った。

  • Update: 2021.03.08 Mon.

PROFILE

米田陣

はじめまして関西学院大学4年の米田陣と申します。途上国支援を学ぶ目的で大学に入学後、フィリピンの孤児院で暮らす子供たちの踊る姿からアートと社会課題を結びつけて考えるようになりました。その後フランスでのフィールドワークや国内でのアートプロジェクトの経験から、文化芸術による社会課題の解決をテーマに研究しています。将来人間の安全保障の分野においてアートを取り入れたいと考えているため、このプログラムを通してアートマネジメントの手法や視点、アーティストと社会を結ぶための必要な能力を学び習得したいと考えています。

REFERENCES

講座について

LECTURE OUTLINE

  • ラボメンバーコース
  • ゲストコース

小林瑠音

アートプロジェクトとは何か──歴史・論点・アーカイブ

2020年11月14日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

英国の文化政策やコミュニティアート史の分野において研究を行う小林瑠音さんをお招きし、国内外のアートプロジェクトの歴史や、アートプロジェクトと関わりの深いキーワード・論点を整理しながらアートプロジェクトのアーカイブのあり方について考えます。

小林瑠音
文化政策/奈良県立大学客員准教授

1982年京都府生まれ、兵庫県在住。英国の文化政策、コミュニティアート史の分野において研究を行う。いわゆる「アート」の存在が前提とされていない環境においてアートとコミュニティが遭遇していく、そのプロセスと社会的インパクトに関心をもつ。