CHISOU

VOICES

生活の必須手段

井上さやか|レクチャー「音から読み解く『万葉集』と明日香村」

これまで『万葉集』と言えば、のんびりとしたイメージがあったが、井上先生のお話を伺って当時の生活や情勢について学ぶと、歌を詠むことは単なる娯楽ではなく、知識や思想を伝える方法であり、飛鳥時代や奈良時代の人々にとって生活の必須手段だと理解できた。それを踏まえると、飛鳥時代は激動の時代で、穏やかな印象から切羽詰まったものへと変わった。「地奏」でも、参加者の飛鳥や明日香村のイメージを覆すような、驚きを含んだ内容を伝えることができれば面白いのではないか。

奥山祐

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

井上さやか

レクチャー「音から読み解く『万葉集』と明日香村」

2021年8月1日(日) 13:00–16:00

奈良県立万葉文化館

奈良県立万葉文化館で『万葉集』を研究している井上さやかさんから、明日香村の歴史と、『万葉集』からみたサウンドスケープについてお話しいただきました。当時の日本人は音を頼りに、どのように世界を捉えていたのか。これからプロジェクトを進めていくにあたり、重要な知識と感覚を得られる時間となりました。

井上さやか
日本文学・日本文化(万葉古代学)/奈良県立万葉文化館指導研究員

1971年宮崎県生まれ、奈良県在住。博士(文学)。専門は『万葉集』を中心とした日本文学・日本文化。著書に『山部赤人と叙景』、『万葉集からみる「世界」』(共に新典社)、監修に『マンガで楽しむ古典 万葉集』、『マンガ はじめて読む 古事記と日本書紀』(共にナツメ社)、分担執筆に『飛鳥への招待』(中央公論新社)、『万葉集の基礎知識』(KADOKAWA)などがある。