CHISOU

VOICES

私たちにもできるはず

井上さやか|レクチャー「音から読み解く『万葉集』と明日香村」

『万葉集』の歌から、人の心と自然が一体化していたことを知った。自然の音(または声)、景色、香りなどを、歌人たちは恋や趣、安らかさ、悲しさなど、自分の心と一体化させ、歌に詠んでいたことが感じ取れた。人間は自然の中で生き、他の動物と同じように自然を感じ、自分と照らし合せることで自然と向き合うことが大切だ。今も昔も同じ人間なのだから、昔の人がしてきたことを私たちができないことはないはず。昔の人が自然を感じとり、歌を詠むことで自分の心と一体化させたように、私たちも自然と自分自身に真摯に向き合ってみる習慣をつければ、より研ぎ澄まされた感覚で生きることができるのではないか。

椋田侑馬

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

井上さやか

レクチャー「音から読み解く『万葉集』と明日香村」

2021年8月1日(日) 13:00–16:00

奈良県立万葉文化館

奈良県立万葉文化館で『万葉集』を研究している井上さやかさんから、明日香村の歴史と、『万葉集』からみたサウンドスケープについてお話しいただきました。当時の日本人は音を頼りに、どのように世界を捉えていたのか。これからプロジェクトを進めていくにあたり、重要な知識と感覚を得られる時間となりました。

井上さやか
日本文学・日本文化(万葉古代学)/奈良県立万葉文化館指導研究員

1971年宮崎県生まれ、奈良県在住。博士(文学)。専門は『万葉集』を中心とした日本文学・日本文化。著書に『山部赤人と叙景』、『万葉集からみる「世界」』(共に新典社)、監修に『マンガで楽しむ古典 万葉集』、『マンガ はじめて読む 古事記と日本書紀』(共にナツメ社)、分担執筆に『飛鳥への招待』(中央公論新社)、『万葉集の基礎知識』(KADOKAWA)などがある。