CHISOU

VOICES

なぜ守りたいと思ったのか

井原縁|レクチャー「明日香村の風土と景観」

水の流れを頼りに奥飛鳥の手前の稲渕地区を少し散策したが、ここで田淵に流れていた水の音が、個人的に、他の水音よりもとても穏やかで心地良く感じた。井原先生がレクチャーで仰っていた、明日香の歴史的風土と重なる生業を人々がなぜ守りたいと思ったのか、身をもって実感した。人間が知らず知らずのうちに壊してしまったものの儚さとその過失の重大さに気づき(昨年度の宇陀の時よりも強く感じた)、奥飛鳥は井原先生のお話が身に沁みる空間だった。石舞台古墳公園も興味深かった。石舞台古墳の周りには、何もない原っぱがただ広がっているように見えるが、実はあえて自然な景観を演出するという人工的な工夫がかなりなされていて、その公園設計技術に感嘆した。

奥山祐

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

井原縁

レクチャー「明日香村の風土と景観」

2021年9月16日(木) 09:00–17:00

明日香村

環境デザイン学が専門の井原縁さんに、明日香村でレクチャーとまち歩きをしていただきました。前半のレクチャーでは、ランドスケープの観点から明日香村の特徴について学びました。後半のまち歩きでは、明日香村を語る上で外せない飛鳥川を辿り、明日香村の歴史に思いを馳せながら、様々な視点からまちを捉えていくことを試みました。

井原縁
環境デザイン学・造園学/奈良県立大学教授

1975年香川県生まれ、奈良県在住。農学博士。造園学を専攻し、史跡・名勝など文化遺産を基盤とした風景づくりに関する調査研究と実践を重ねている。主な著書に『47都道府県・公園/庭園百科』(共著、丸善出版株式会社)、『みやこの近代』(共著、思文閣出版)など。