CHISOU

VOICES

時代を越えて好まれる香り

西山厚|レクチャー「時間と香り」

私はバイト先で薫玉堂のお線香を売っている。わかりやすい「宇治の抹茶」という名前のものから、「音羽の滝」など香りをあまり想像できない商品まで取り扱っている。コロナ以降、家での生活を快適にする香りの商品が売れているが、昔の人が香りを大切にしたのと同じように、現代でも香りとの関わりが続いている。また、蘭奢待は時代を越えて現在まで受け継がれているが、織田信長や明治天皇は蘭奢待の香りに何を感じ、想起したのか、時代によって感じ方は異なるのか気になった。時代を越えて好まれる香りがあるならば、それは土着的でアイデンティティと関わる、古代と現代を結びつける機能があると思う。

堀本宗徳

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

西山厚

レクチャー「時間と香り」

2021年7月31日(土) 14:00–16:00

CHISOU lab.

仏教史家の西山厚さんを招き、時間と香りについてお話を伺いました。「時をかける少女」から始まり、『宇治拾遺物語』、蘭奢待、果てはキャベツまで、様々な時代とジャンルを跳躍する西山さんの刺激的な話に、山城さんと受講者から質問が相次ぎました。香りとは、人や場所、出来事と共に記憶され蓄積されるものという要点について学びました。

西山厚
仏教史・仏教美術史/半蔵門ミュージアム館長/帝塚山大学客員教授

1953年徳島県生まれ、奈良県在住。奈良国立博物館の学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。現在は半蔵門ミュージアムの館長を務める。奈良と仏教をメインテーマに、人物に焦点をあてながら、様々なメディアで生きた言葉で語り書く活動を続けている。