CHISOU

VOICES

受け止め、合わせていく

梅守志歩|レクチャー「ume, yamazoe̶̶ 人の感覚が優しくなる環境をつくる」

サウナを出て外で涼んでいる時に、今考えている物事がどうでもよくなり、何も考えたくない気持ちになった。それが、梅守さんが求める「優しさ」や「穏やかさ」なのではないかと思った。人間は何に対しても意味を知りたがると梅守さんは言っていたが、意味を追求することで、考えの違いやいがみ合いが生まれ、「優しさ」や「穏やかさ」を失うのではと思った。全てのものに「なぜ」を求めるのではなく、そういうものだと受け止め、私たち人間が合わせていく。そういった考えが梅守さんの求める「優しさ」や「穏やかさ」に直接つながるのではないかと思った。

緒方達海

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

梅守志歩

レクチャー「ume, yamazoe̶̶ 人の感覚が優しくなる環境をつくる」

2021年8月9日(月・祝)13:00–15:00

ume, yamazoe

奈良県山添村の1日3組限定の宿ume, yamazoeを訪れ、オーナーの梅守志歩さんから話を伺った後、梅守さんの言葉を全身で体感できるホテルとサウナを味わいました。サウナ室で蒸され、水風呂に飛び込み、デッキで風に包まれると、身体が自然と渾然一体になったような得も言わ
れぬ感覚になりました。

梅守志歩
ume, yamazoe支配人

1988年奈良県生まれ、同在住。大学卒業後、大阪での会社勤めを経て、家業の寿司製造メーカーである梅守本店で職務に就く。2016年9月に山添村へ移住。寿司販売の営業の傍ら、旅行会社向け田舎体験ツアーの企画・販売を行う。2020年3月、古民家をリノベーションした宿泊施設「ume, yamazoe」をオープン。