CHISOU

VOICES

「私を開く」共有空間づくり

人文系私設図書館ルチャ・リブロ[青木真兵&青木海青子]|レクチャー「『共有』と『私有』を行き来する」

このプログラムの趣旨である「空間づくり」以前の、青木夫妻の生き方、人生への姿勢に刺激を受け、自分自身の生き方を見つめ直す機会にもなった。質疑応答での「働くとは働きかけること。そこに対価を期待しない」「働きかけているからこそ、カオスな世の中でもぶれずにいることができる」という話が印象に残っている。「空間づくり」という観点では、「私を開くことで共有空間が現れる」という考え方が大変参考になった。共有空間をつくるのに共有という概念から入るのではなく、まずはそこにある「個」から始めて、それが開かれていくというプロセスが空間性を生むのかなと感じた。次回のワークショップでそれを大事にできればと思う。

安田翔

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

人文系私設図書館ルチャ・リブロ[青木真兵&青木海青子]

レクチャー「『共有』と『私有』を行き来する」

2021年7月25日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

奈良県東部の山深い東吉野村で自宅を開き、「人文知の拠点」としてルチャ・リブロを展開してきた青木真兵さんと海青子さんから話を伺いました。私たちが生きる社会や日常の「当たり前」を問い直すこと、「共有」と「私有」のどちらかではなく両方を往還すること、空間を統制しすぎないことにより訪問者が自ら参加できる「余地」を見つけられること、「働く」とは対価を稼ぐことではなく社会に対して「働きかける」こと……お二人の柔らかな言葉と実践から、共有空間について思考を深めるための気づきを得ました。

人文系私設図書館ルチャ・リブロ
青木真兵&青木海青子

奈良県吉野郡東吉野村にある、図書館、パブリック・スペース、研究センターを内包する「人文知の拠点」。歴史や文学、思想、サブカルチャーなど人文系の蔵書約3000冊を貸し出す。話をどんどん先に進めるよりも、はじまりに立ち戻るような、そしてそのはじまりが拠って立つところをも疑問視するような場所。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」を配信。

青木真兵(キュレーター/古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者)
1983年埼玉県生まれ、奈良県在住。
青木海青子(司書)
1985年兵庫県生まれ、奈良県在住。