CHISOU

VOICES

それぞれが楽しく参加できる方法

小山田徹|レクチャー&ワークショップ「共有空間のモックアップをつくってみる」

小山田先生の進め方の塩梅がちょうど良い。引っ張るけど、引っ張りすぎるわけではなく、こちらに考える余裕も与えてくれる。終始ご自身も楽しそうで、私も安心して楽しみながら参加することができた。気づけば子どもたちが続々と集まってきた。制約を加えることなく一緒に参加できるようにし、遊びも同時並行できていたのがすごい。まとめて一つの方向を向かせるよりも、それぞれが楽しく参加できる方法を考えるようにしていきたい。また、ダンボールの椅子を一緒につくったり、心地良い空間のコンセプトを聞いたりして、自分の性格や考え方の傾向がわかり、他者の良いところや違いが面白かった。場所だけでなく、自分自身や他者にも愛着が湧く経験になった。

杉山貴美

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

小山田徹

レクチャー&ワークショップ「共有空間のモックアップをつくってみる」

2021年9月11日(土) 13:00–17:00

柴田ビル3階

2021年9月12日(日) 10:00–17:00

柴田ビル3階

美術家の小山田徹さんから、数十年にわたり共有空間をつくってきた経験や、共有空間の概念とアプローチするための方法について話を伺いました。その後、約200個のダンボールを使って、1日目は「居心地の良い個人的空間をつくる」、2日目は「みんなで共有できる空間をつくる」というお題で、空間をつくってみました。作業を通して各自の個性やプロジェクトサイトの特性を感じられる機会になりました。

小山田徹
美術家/京都市立芸術大学教授

1961年鹿児島県生まれ、京都府在住。1984年、大学在学中に友人たちとパフォーマンスグループ「ダムタイプ」を結成。主に企画構成、舞台美術を担当し、国内外で数多くの公演に参加。1990年より様々な分野の友人たちと造形施工集団を作り共有空間の開発を行う。