CHISOU

VOICES

つながりの強さとは

梅田直美|レクチャー「“つながり”について考える」

コロナ禍を経て、オンラインコミュニケーションの利便性や価値を多くの人が体感したが、一方で「遠い人は近く、近い人は遠くなった」ように感じることもある。オンラインは、これまで壁となっていた時間と距離の問題をなくしたが、目的がないと始まらないし、雑談がしづらい。話が終わるとページが閉じられ、余白や余韻が生まれにくい。感情の機微や雰囲気も読み取りづらい。ちょっとした雑談や、行き帰りの道など「目的としていない時間」も込みで、人との関係性をつくってきたことを認識した。どれだけ「時間」「空間」「経験」を共有できるかによって、つながりの強さが変わってくるのではと感じる。リアルな共有空間があることの意義は大きいのではないかと感じた。

照喜名恵

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

梅田直美

レクチャー「“つながり”について考える」

2021年10月16日(土) 14:00–16:00

柴田ビル3階

孤立や虐待など関係性の諸問題とそれらを巡る社会的活動について研究してきた梅田直美さんから話を伺いました。前半は、古今東西の社会理論を参照し、近代社会で「つながり」がいかに変容してきたかについて。後半は、ケアなど生活者自らの経験を軸に起業したソーシャルビジネスによって、ユニークな「つながり」が生みだされている事例を紹介いただき、共有空間やアートプロジェクトとも大いに共通する試みや論点について学びました。

梅田直美
社会学/奈良県立大学准教授

1973年大阪府生まれ、同在住。孤立や虐待など関係性の諸問題とそれらを巡る社会的活動に関する研究を行う。近年は、起業者自らの経験を軸として着想されたソーシャルビジネスによって生み出されるコミュニティの性質とその意味を、「当事者性」と「自律性」に着目しながら探っている。主な著書に『OMUPブックレットNo.62 子育てと共同性-社会的事業の事例から-』(共著、大阪公立大学共同出版会)など。