CHISOU

VOICES

もっとぼかしていこう

梅田直美|レクチャー「“つながり”について考える」

これまでのレクチャーを通して根底にある問題は、社会規範vs.市場原理の対立だと思う。その落とし所をどう見つけていくのか。市場原理のポイントは、選択と集中による専門性と、金銭という交換可能な価値。この2点をぼかしていくことで溶け合う点が見つかるかもしれない。事例に挙げられていた、仕事/趣味、職場/自宅、店主/顧客、プロ/素人の区別が曖昧な場や、ケア施設なのに子どもが遊んでいたり仕事をしている人がいたりという総合的な場が良いのだと思う。私が運営している塾はかなり曖昧な空間だと思うけれど、もっとぼかしていってみたいと思った。

恵美須屋直樹

  • Update: 2022.05.05 Thu.

講座について

LECTURE OUTLINE

梅田直美

レクチャー「“つながり”について考える」

2021年10月16日(土) 14:00–16:00

柴田ビル3階

孤立や虐待など関係性の諸問題とそれらを巡る社会的活動について研究してきた梅田直美さんから話を伺いました。前半は、古今東西の社会理論を参照し、近代社会で「つながり」がいかに変容してきたかについて。後半は、ケアなど生活者自らの経験を軸に起業したソーシャルビジネスによって、ユニークな「つながり」が生みだされている事例を紹介いただき、共有空間やアートプロジェクトとも大いに共通する試みや論点について学びました。

梅田直美
社会学/奈良県立大学准教授

1973年大阪府生まれ、同在住。孤立や虐待など関係性の諸問題とそれらを巡る社会的活動に関する研究を行う。近年は、起業者自らの経験を軸として着想されたソーシャルビジネスによって生み出されるコミュニティの性質とその意味を、「当事者性」と「自律性」に着目しながら探っている。主な著書に『OMUPブックレットNo.62 子育てと共同性-社会的事業の事例から-』(共著、大阪公立大学共同出版会)など。