CHISOU

プログラム1

感覚 「聴く」から創発する身体/コミュニティ

プログラム概要

PROGRAM OUTLINE

sonihouseによる新しい試み「地奏ちそう」と岩田茉莉江による「音さんぽ」のコラボレーションを通して、その瞬間、その場でしか生まれない音から、土地に積み重ねられた層と感覚の広がりを体験するアートプロジェクトを、奈良県明日香村で行います。多領域の専門家と学び合い、フィールドリサーチを重ねて、まち歩きと食、音楽ライブからなるツアー型の公演を企画制作します。

アーティスト

sonihouse[鶴林万平(音響製作・設計者)&
鶴林安奈(グラフィックデザイナー)
岩田茉莉江(音風景研究家/おとたまり主宰)

講師
(五十音順)

井上さやか(日本文学・日本文化(万葉古代学)/奈良県立万葉文化館指導研究員)
井原縁(環境デザイン学・造園学/奈良県立大学教授)
齋藤精一(クリエイティブディレクター/パノラマティクス主宰)
田中みゆき(キュレーター/プロデューサー)
中川真(音楽学者/大阪市立大学特任教授/奈良県立大学共同研究員)
西尾美也(美術家/奈良県立大学准教授)

※諸事情により講師が変更となる場合があります。
その場合はウェブサイトやSNSなどで随時お知らせします。

実施期間

2021年7月—2022年2月

講座回数全10回程度(月1〜2回程度の実施)

※詳細な開催日時や会場については、受講者には個別に随時ご案内します。

実施場所

奈良県立大学 CHISOU lab.を中心とする奈良市内の文化施設

※プログラム1は明日香村での実習が含まれます。
※新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、レクチャーやミーティングはオンラインシステムでの実施に変更する場合があります。

定員

7名程度

受講料

無料

※実習場所までの移動に伴う交通費は受講者負担

申込方法

申込フォームよりお申し込みください。

応募期限2021年6月20日(日)

※講座の様子はカメラやビデオ等により配信、記録撮影し、ウェブサイトや報告書、広報物等に掲載させていただく場合がありますので、予めご了承ください。

申込フォームがご利用できない場合は、必要事項①〜⑧に記入の上、下記のメールアドレスよりお申し込みください。
arts-management@narapu.ac.jp

①氏名 ②住所 ③電話番号 ④メールアドレス ⑤年齢 ⑥所属先 ⑦受講を希望するプログラム名(複数プログラムへの重複応募は可能ですが、受講は一つに限ります) ⑧応募動機(文字数自由)

選考方法

応募者多数の場合は、応募動機等を参考にCHISOUスタッフにより受講者を決定します。

※新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、レクチャーやミーティングはオンラインシステムでの実施に変更する場合がありますが、対面で参加する意思のある方を優先して選考します。
※選考結果は6月25日(金)までに個別にご連絡します。

アーティスト

ARTISTS

sonihouse

sonihouse

鶴林万平&鶴林安奈

12面体スピーカー「scenery」などのオリジナル/オーダースピーカーの設計製作、空間と目的に最適な音響の提案を行う。また音と食のイベント「家宴」の開催など、スピーカーを媒介に「音・人・空間」の豊かな循環を目指している。2021年11月、屋号を「listude」へ変更する。

鶴林万平(音響製作・設計者)
1975年大阪府生まれ、奈良県在住。
鶴林安奈(グラフィックデザイナー)
1980年奈良県生まれ、同在住。
岩田茉莉江

岩田茉莉江

音風景研究家/おとたまり主宰

1983年奈良県生まれ、同在住。南大東島で音に魅かれ、島民と共に島の音を拾い、島まるごと館で音の展示物「南大東島音たまり」を制作。「海鳴りの聴き方」を軸に島のサウンドスケープ研究を行ってきた経験をもとに、耳を澄まし音を聴くことで身体感覚・想像をひらいていく「音さんぽ」を全国でひらく。

カリキュラム表

CURRICULUM

2021 7
7月4日(日)
オリエンテーション
7月18日(日)
レクチャー(中川真)
8
8月1日(日)
レクチャー
(井上さやか)
8月—10月
明日香村
フィールド
リサーチ
8月19日(木)
レクチャー
(井原縁)
8月28日(土)
レクチャー
(齋藤精一)
9
9月20日(月・祝)
レクチャー
(田中みゆき)
10
10月7日(木)
井原縁研究室との
合同ゼミ
11
11月
「地奏」公演実施
12
12月
ふりかえりミーティング
2022 1
1月—2月
アーカイブ制作
2

※諸事情によりイベントの日程が変更になる場合があります。
※日程不記載のイベントについてはアーティストや受講者、関係者と調整の上、決定します。