CHISOU

プログラム2

生態 Life's Manual/天と地の間で生きる技術

プログラム概要

PROGRAM OUTLINE

長坂有希によるアートプロジェクト「Ethno-Remedies: Bedtime Stories ⇄ A Life’s Manual」では、養蜂や薬草栽培など、奈良の土地や気候の中で育まれてきた固有の生きる技術と知恵を活かした仕事に取り組む人々への聞き取りやフィールドリサーチを行い、かれらとの協働を通して物語を編んでいく試みを行います。ジェームズ・ムリウキは、奈良で暮らす人と土との関係性の変遷を探るためのリサーチを、オンラインメディアを活用しながら受講者と連携して行います。

実施期間

2021年7月—2022年2月

講座回数全10回程度(月1〜2回程度の実施)

※詳細な開催日時や会場については、受講者には個別に随時ご案内します。

実施場所

奈良県立大学 CHISOU lab.を中心とする奈良市内の文化施設

※プログラム2は宇陀市や生駒市など、奈良県内での移動を伴う場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、レクチャーやミーティングはオンラインシステムでの実施に変更する場合があります。

定員

7名程度

受講料

無料

※実習場所までの移動に伴う交通費は受講者負担

申込方法

受付を終了いたしました。

選考方法

応募者多数の場合は、応募動機等を参考にCHISOUスタッフにより受講者を決定します。

※新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、レクチャーやミーティングはオンラインシステムでの実施に変更する場合がありますが、対面で参加する意思のある方を優先して選考します。
※選考結果は6月25日(金)までに個別にご連絡します。

アーティスト

ARTISTS

長坂有希

長坂有希

アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

ジェームズ・ムリウキ

ジェームズ・ムリウキ

アーティスト

1977年ケニア生まれ、同在住。ナイロビを拠点にアーティスト及びキュレーターとして活動。写真や映像、サウンド、インスタレーションなどの多様なメディアを用いて、急速に発展する都市空間の変容を捉えた作品は国内外で展示・収蔵されている。

講座一覧

LECTURE LIST

1

長坂有希

オリエンテーション

2021年8月8日(日) 14:00–16:00

CHISOU lab.

長坂有希
アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

  • 続きを読む

2

長坂有希

ワークショップ

2021年8月10日(火) 13:00–17:00

CHISOU lab.

2021年8月11日(水) 13:00–17:00

CHISOU lab.

2021年8月12日(木) 13:00–17:00

CHISOU lab.

長坂有希
アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

  • 続きを読む

3

アートプロジェクト研究ゼミ

2021年9月

会場未定

  • 続きを読む

4

長坂有希&ジェームズ・ムリウキ

展覧会構想ミーティング

2021年10月—11月

CHISOU lab.

長坂有希
アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

ジェームズ・ムリウキ
アーティスト

1977年ケニア生まれ、同在住。ナイロビを拠点にアーティスト及びキュレーターとして活動。写真や映像、サウンド、インスタレーションなどの多様なメディアを用いて、急速に発展する都市空間の変容を捉えた作品は国内外で展示・収蔵されている。

  • 続きを読む

5

長坂有希&ジェームズ・ムリウキ

展覧会開催

2021年12月

会場未定

長坂有希
アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

ジェームズ・ムリウキ
アーティスト

1977年ケニア生まれ、同在住。ナイロビを拠点にアーティスト及びキュレーターとして活動。写真や映像、サウンド、インスタレーションなどの多様なメディアを用いて、急速に発展する都市空間の変容を捉えた作品は国内外で展示・収蔵されている。

  • 続きを読む

6

山口未花子&吉岡幸次&吉岡伸次

ゲストトーク

2021年12月25日(土) 14:00–16:00

会場未定

山口未花子
動物人類学/北海道大学准教授

1976年京都府生まれ、北海道在住。大学で動物生態学を学んだ後、人類学の分野で捕鯨者や先住民の古老から動物について学ぶ。主なフィールドはカナダ・ユーコン準州、日本の宮城県牡鹿半島、西表島など。近年は自分でも狩猟や工芸品の製作をしながら日々動物について考えている。主な著書に『ヘラジカの贈り物』(単著、春風社)、『人と動物の人類学』(春風社、編著)などがある。

吉岡幸次
養蜂家/吉岡養蜂園

1947年奈良県生まれ、同在住。中学校を卒業後、師匠に弟子入りして養蜂を学ぶ。1966年に吉岡養蜂園を設立。50年以上にわたって、家族で約1000の巣箱の蜜蜂を育てている。はちみつの販売や花粉交配用の蜜蜂の貸出の他、アカシアや山桜を奈良県内で植栽し、蜜源確保に取り組む。

吉岡伸次
養蜂家/吉岡養蜂園

1974年奈良県生まれ、同在住。2003年にサラリーマン勤めを辞めて、養蜂家に転身。蜜蜂を連れて奈良から北海道枝幸郡中頓別町へと開花前線を追いかけて、より多くのはちみつを採ったり、次のシーズンに向けて良い蜂をつくる「移動型養蜂」を行っている。

  • 続きを読む

7

長岡綾子

レクチャー

2021年12月26日(日) 14:00–16:00

会場未定

長岡綾子
グラフィックデザイナー

1984年三重県生まれ、奈良県在住。2015年に奈良市で「長岡デザイン」を設立。博物館の広報物や図録など紙媒体を中心としたグラフィックデザインの他、プロダクトデザイン、日用品を使用したアートワークの制作や本の出版を行う。

  • 続きを読む

8

長坂有希

ふりかえりミーティング

2022年1月

CHISOU lab.

長坂有希
アーティスト/香港城市大学クリエイティヴ・メディア学科博士課程研究員

1980年大阪府生まれ、大阪府・香港在住。リサーチとストーリーテリングを主軸に様々な媒体を用いて作品制作を行う。遭遇した事象の文化的、または歴史的意義や科学的背景の理解をもとに、自らの記憶や体験を介入させ、別々に存在しているように見える事柄をつなぎ、その接点に浮かび上がってくるものを物語として表現する。

  • 続きを読む

9

アーカイブ制作

2022年1月—2月

CHISOU lab.

  • 続きを読む

カリキュラム表

CURRICULUM

2021 8
8月8日(日)
オリエンテーション
8月10日(火)—12日(木)
ワークショップ
9
9月
アートプロジェクト研究ゼミ
10
10月—11月
展覧会構想ミーティング
11
12
12月
展覧会開催
12月25日(土)
ゲストトーク(山口未花子&
吉岡幸次&吉岡伸次)
12月26日(土)
レクチャー(長岡綾子)
2022 1
1月
ふりかえり
ミーティング
1月—2月
アーカイブ
制作
2

※諸事情によりイベントの日程が変更になる場合があります。
※日程不記載のイベントについてはアーティストや受講者、関係者と調整の上、決定します。